アクセサリーに使用される素材・金属を紹介します

皆さんはアクセサリーを購入する際、何を重視していますか?デザイン、価格などいろいろあると思いますが、長く愛用していきたいと考えるならば、素材にもしっかりこだわって選ぶことをおすすめします。

この記事ではアクセサリーに使用される素材・金属の特徴などをご紹介します。

プラチナ

結婚指輪の定番でもあるプラチナ。
選ばれる理由は、経年劣化がしにくいところにあります。変色や変質がしにくいという特徴をもっているので、いつまでも美しい姿を保つことができます。

また、パーティーといった特別なときはもちろん、カジュアルファッションに合わせても変に目立つことはなく、身に着けるシーンを選ばないことも人気の秘密です。

プラチナは採れる場所も量も限られているので、非常に希少価値の高い素材です。そのため、価格が高い傾向にあります。
ただ、プラチナの価格は純度によって異なります。

プラチナの純度

Pt900

割り金を10%混ぜたPt900は、Pt950やPt999に比べると強度があり、プラチナの配合率が少ないことから、比較的価格を抑えることができます。

Pt950

純度95%のPt950は、国際基準を満たしたプラチナです。海外の高級ジュエリーブランドでも多く取り扱っています。

Pt999

純プラチナと呼ばれ、純度の高さは最高峰です。ただ、純プラチナは非常に柔らかく、傷もつきやすいので、アクセサリーというよりは工業用に使用されます。

ゴールド

日本では結婚指輪と言えばプラチナですが、海外ではゴールドが非常に人気です。1点身に着けるだけで高貴な印象を与えるゴールドは、加工がしやすく、カラーバリエーションが豊富なことからさまざまなアクセサリーに用いられています。

ゴールドのカラーバリエーション

イエローゴールド

ゴールドとイエローゴールドは同じではないの?と思っている方も多いかもしれませんが、イエローゴールドの場合は、ゴールドの他に銀や銅など他の金属が含まれています。イエローゴールドは後に説明する純度の高さによって色味がかなり変わってきます。黄色味が強い方が良いか、柔らかな黄色が良いか、ぜひ好みによって選んでみてください。

ピンクゴールド

見た目にも可愛らしく、肌を明るく見せる効果もあることから、ゴールドの中でも女性から絶大な人気を誇っている色になります。
ゴールドに銅を混ぜることで、この柔らかなピンク色が作られるのですが、混合率に規定はないので、メーカーによって色味は少しずつ異なります。

ピンクゴールドの注意点としては、銅が含まれているので変色しやすいという点です。温泉に入るときは念のため外してから入浴するようにしてください。

ホワイトゴールド

プラチナと見た目がよく似ていることから、混同されやすいホワイトゴールド。プラチナはもともと白い色をしていますが、ホワイトゴールドの場合はゴールドにシルバーやパラジウムなど白色金属を混ぜることで人工的に作り出された色になります。

上記の3色だけでなく、メーカーによってはローズゴールドやシャンパンゴールドといったカラーバリエーションを展開しているところもあります。

ゴールドの純度

ゴールドのアクセサリーを選ぶ際、18金や24金という言葉を耳にしたことがないでしょうか。これは純金と他の金属の配合比率を表しており、数字が大きいほど純度が高くなります。

金は柔らかな金属であるため、他の金属が混ざることで、加工しやすい硬さになります。中でも18金は純度の高さを保っていることから、アクセサリーとしての人気が高いです。14金、10金は純金の配合率が少なくなるため、リーズナブルな価格となる一方で、ゴールドの美しい輝きが弱い傾向にあります。

24金

全体の99.99%が純金となっています。

22金

純金の配合率が91.7%と24Kの次に純度の高い素材となっています。

18金

純金の配合率が75%で残りの25%は銀や銅など他の金属が含まれています。

14金

純金の配合率58.5%、他の金属41.5%で構成されています。

10金

純金の配合率42%、他の金属58%で構成されています。

シルバー

シルバーのアクセサリーは普段のファッションにも取り入れやすく、さらには女性だけでなく男性からの人気も非常に高いです。さまざまなデザインを楽しむことができ、オーダーメイドでもリーズナブルに作れるのも魅力の一つです。ただ、黒く変色しやすいことから、結婚指輪や贈り物には向かないとも言われています。

シルバーの純度

シルバーアクセサリーには「925」や「SV950」のように数字が刻まれています。これはシルバーの純度を表しています。

ピュアシルバー(SV1000)

純度が非常に高く、純銀と呼ばれています。純度が高い分変色はしにくいですが、柔らかい金属なので、アクセサリーとして使用されることは少ないです。

シルバー950(SV950)

銀の配合率95%で残りの5%は銅など他の金属が含まれています。

シルバー925(SV925)

銀の含有率92.5%で残りの7.5%は銅など他の金属が含まれています。

シルバー900(SV900)

銀の配合率90%、他の金属10%で構成されています

まとめ

経年劣化のしにくいプラチナに、カラーバリエーションが豊富なゴールド、リーズナブルで普段のファッションにも取り入れやすいシルバーなど、どの素材もそれぞれの良さがあります。

また、それぞれ純度によって価格や印象も変わってくるため、ぜひ実際に自分の目で見て、お気に入りのものを見つけてみてください。