金属アレルギーの方の為のアクセサリーの選び方!

金属アレルギーによりアクセサリー選びに悩む方は、多くいらっしゃいます。
私達は、日常的に金属と接する機会の多い生活を送っている為、アレルギーを発症するリスクが高いと言えます。
それでも、特に女性はアクセサリーを身に付けたいもの。
では、金属アレルギーの場合、どのようにアクセサリーを選べば良いのでしょうか。
そこで、ここからは金属アレルギーの方のアクセサリー選びについて、アレルギーの概要も含めて詳しくご紹介します。

金属アレルギーについて

金属アレルギーとは

アレルギーとは、ある抗原(アレルゲン)に対して体内の免疫が過剰に反応し、体に異常が出る事を言います。
アクセサリーを着けている時、そのアクセサリーに人間の汗や体液が触れると、金属の成分が溶け出し金属イオンとなります。これをイオン化と言います。
この金属イオン自体にアレルギー作用はないものの、流れ出た金属イオンは人間の体にあるタンパク質と融合し、この融合物質がアレルゲンとなり得ます。
金属アレルギーの方は年々増加傾向にあり、アクセサリーや化粧品に触れる機会の多い女性によく見られます。特にピアスによる発症はかなり多いよう。

日常に潜む金属アレルギーの原因

私達は金属と増える機会が多く、金属アレルギーのリスクは日常に潜んでいます。身近な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • アクセサリー
  • 時計
  • 眼鏡
  • 歯の金属詰め物
  • 化粧品
  • 医療金属 etc.

アレルギーを起こしやすい金属

金属には、特にイオン化しやすくアレルゲンとなりやすいものが存在します。

主な種類は、

  • ニッケル
  • パラジウム
  • コバルト
  • クロム
  • 水銀
  • すず
  • 亜鉛
  • 金(含有物による)

など。
特に水銀、ニッケルはアレルギーを起こしやすく、人によっては身に付けるのを避けた方が良い素材です。

金属アレルギーの症状

発疹や赤み、荒れ、蕁麻疹のような凹凸、水ぶくれなどが、皮膚上に見られます。
痒みや痛みが出て、酷い場合は発熱や体全体の不調に繋がることも。
荒れた部分から細菌感染を起こし、悪化するケースもあります。

アレルギーを起こしにくい金属

チタン

金属アレルギーの方でもアレルギー症状が出にくい素材として知られるチタン。アクセサリーショップでは、アレルギーの方へ向けて、チタン製品とわかるよう表示されているのを見かけます。
チタンは空気に触れるとすぐに酸化するのが特徴です。そして、この時表面に不動態と呼ばれる膜を作る性質があります。その膜のおかげで、人間の汗や体液と金属は直接触れることがなくイオン化しない為、アレルギーを起こしにくいとされているのです。この膜は比較的丈夫で、汗などで流れることがないのも安心です。

サージカルステンレス

サージカルステンレスはアレルギーを起こしにくく、メスやハサミといった医療器具にも使われている素材です。ピアッサーの金属部分にも使用されている事が多いようです。
サージカルステンレスはチタンと同じく不動態膜を形成し、腐食に強く、成分が流れ出しにくい為、アレルギーを起こしにくいとされています。
サビや熱に強くかなり丈夫であり、価格が安いことも特徴となる素材です。
ただし、合成金属であるサージカルステンレスにはニッケルが含まれている為、アレルギー症状が酷い方は注意が必要です。

ジルコニウム

オーロラのような光沢のあるカラーが個性的なジルコニウム。レアメタルの一種であり、近年アクセサリーとしての人気が上昇している素材です。
ジルコニウムもチタンと同じく、不動態膜ができる性質を持ち、アレルギーが出にくいとされる素材です。
耐久性に富み、重厚感があることから、結婚指輪としての需要も増えています。

プラチナ(純度の高いもの)

プラチナ自体はアレルギーが出にくい素材です。
しかし、プラチナをアクセサリーにする際には、他の金属が混ぜられている為、注意が必要。含有金属について確認しておきましょう。

ゴールド(純度の高いもの)

ゴールドもプラチナと同じく、純度の高いものはアレルギーが出にくい傾向にあります。
しかし、アクセサリーにはより多様な金属が混ぜられているので、それらに対するアレルギーに注意が必要となります。

金属アレルギーの方のアクセサリー選び

金属アレルギーを心配される方は、アクセサリーを身に付けるにあたっていくつか気をつけたいポイントがあります。

  • アレルギーの出やすい金属は避け、アレルギーの出にくい金属のアクセサリーを選ぶ。
  • 汗をかく夏場や運動時にはアクセサリーを外す。
  • ピアスをあける時には、医師の指導に基づいて病院で施術してもらう。
  • アレルギー検査で、どの金属に対してアレルギー反応を持つか知っておく。

汗は金属をイオン化させ、アレルギーを引き起こす原因となります。ネックレスや指輪などは特に汗に触れやすい為、運動時には外しておきましょう。
また、施術時に金属アレルギーを発症するケースが多い為、ピアスをあける時には専門医の指導の元行うのが安心。
近年では、血液検査でアレルゲンを突き止めることができるようになりました。この検査では、環境アレルゲンや食物アレルゲンだけでなく、金属アレルゲンについても調べることが可能です。
事前に、どの金属に反応するのか知っておけば、アクセサリー選びにおいての安心感が高まり、選択肢も増えます。

金属アレルギーの方のアクセサリー選びについてご紹介しました。
近年では素材のバリエーションが増え、アレルギーであってもアクセサリーを着用できるようになってきています。アレルギーとうまく付き合いながら、工夫してお洒落を楽しみたいですね。
また、何かアレルギー症状が出た場合には、すぐに原因となるアクセサリーを外し、必要に応じて病院を受診するようにしてください。