長さで変わるネックレス 種類ごとに利用シーンを紹介します!

首元をパッと華やかに見せてくれるネックレス。パーティーのような特別な場に限らず、オフィスカジュアルや普段のファッションにも取り入れられていますよね。そんなネックレスはチェーンの長さによって呼び方が異なります。さらに、長さによって利用シーンも微妙に違ってきます。
そこで今回は、長さごとの特徴や最適な利用シーンをご紹介します。

ネックレスの種類

ネックレスの長さは、大きく分けると以下の5種類があります。

チョーカータイプ(35㎝)


ネックレスの中では一番短いタイプになります。首のラインにフィットすることから首周りがスッキリとした印象になります。可愛らしさの中にもクールさがあり、着ける人を選びません。

チョーカータイプは使われる素材が豊富で、革紐やレース、ベルベットなどがあります。
革紐やベルベットであれば普段のファッションにも取り入れることができますし、パールやレースのものはパーティーやブライダルでもよく使用されます。幅広いシーンで使用できることが特徴です。

プリンセスタイプ(40㎝~45㎝)


チョーカータイプより少し首に余裕があるプリンセスタイプは、ネックレスの中でもスタンダードと言えます。ドレスを着たときに上品で美しく見えるというのが一番の特徴です。

首とバストの間に収まることからモチーフが印象的に見えるだけでなく、首が華奢に見えるので女性らしさを演出してくれます。

プリンセスタイプは普段使いもできますが、ドレスやワンピースを着用する際に合わせるのが一般的です。

マチネタイプ(50㎝~60㎝)


マチネはフランス語でミュージカルや演劇などの昼公演という意味があります。欧米ではマチネに出向く際、このタイプのネックレスが多く身に着けられていたことからこの名がついたと言われています。

トップの部分が胸元までくるため、大ぶりなデザインのものであればより印象的に、縦長のデザインであれば縦のラインが強調されるので、すっきりと見せることができます。

マチネタイプは普段のカジュアルファッションに取り入れられることが多く、ハイネックのニットなどとあわせることで上品さがプラスされます。

オペラタイプ(80㎝~90㎝)


オペラタイプやこの後紹介するロープタイプはロングネックレスの部類になります。
先程のマチネは昼公演でしたが、オペラは夜公演を指します。ボリュームがあるオペラタイプは夜のドレッシーな装いにもピッタリであったことからこの名がつけられたようです。

胸の下あたりまで長さがあるオペラタイプのネックレスは、エレガントな印象があり、普段使いというよりもパーティーのような特別な際にドレスとともに身に着けるのが一般的です。シンプルなドレスとあわせれば良いアクセントになります。

ロープタイプ(100㎝~)


別名ソトワールタイプとも呼ばれ、ネックレスの中でも一番長いタイプです。ロープタイプのネックレスは一見扱うのが難しそうですが、Y字に軽く結んでみたり、ブローチを留め具にしてみたりとさまざまなアレンジが可能です。

さらに、2連巻きで上品さを3連巻きでチョーカーのように身に着ければゴージャスさを演出することもでき、なんとも万能です。

ロープタイプも普段使いからパーティーなど幅広いシーンで取り入れることができます。

ネックレスを選びには体形や顔の形も加味する必要がある

ネックレスを身に着けるとき、より美しく見せるためには自分に合ったものを選ぶことが大切です。

例えば、首が短いことが気になっている方は、首にフィットするチョーカータイプよりも、オペラタイプやロープタイプのように長めのもののほうが、縦のラインが強調でき、すっきりと見せることができます。

逆に、面長がコンプレックスの方はチョーカータイプやプリンセスタイプの中でも大ぶりなデザインのものを選ぶことで、縦ではなく横のラインが強調されるのでおすすめです。

では小柄な方は長めのものと短めのもの、どちらを選ぶと良いでしょうか。もしも小柄であることをあまり強調させたくないのであれば、長めのネックレスは避けましょう。チェーンが長くないもののほうが、人々の視線を上に持っていくことができ、全体的にバランスよくまとめることができます。

まとめ

ネックレスは長さによって印象がガラリと変わります。そのため、どんなシーンでどのネックレスを身に着けるとより効果的なのか、しっかり把握しておくことが重要です。
いつも同じネックレスしか身に着けていないな…という方は、ぜひ普段使いできるものと特別な場面で使うものなど複数持っておくことをおすすめします。